日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

日本でのギャンブルについて話す際、パチンコを忘れてはいけません。このゲームはピンボールとスロットが組み合わさったもので、以下のように遊びます。お金をマシンに入れると、小さな玉をもらいます。そしてこの玉を迷路のようなボードに向けて打つのです。

玉が転がって穴に落ちると、スピンを誘発するか、さらなる玉がもらえます。

スピンを誘発すると、スロット機能が稼働し始めます。当たりの組み合わせを出すと、パチンコ玉かクレジットがもらえます。とてもシンプルですね。

パチンコは刑法における例外で、基本的にはギャンブルではないと考えられています。ギャンブルを規制する厳しい法律があり、カジノがないにも関わらず、日本のギャンブル業界は大変巨大で、ほとんどのお金がパチンコに流れます。

ここで、パチンコの起源を掘り下げ、より詳しく見ていきましょう。

1920年代

注目の投稿画像 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 1920年代 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

パチンコのルーツは1920年代まで遡ることができます。最初はシカゴのゲームデベロッパーにより小さい子供向けにコリントゲームとして開発されました。これはちょうど、18世紀フランスで流行したバガテルという古いゲームの子どもバージョンのようなものでした。

コリントゲームはピンボールを生み出し、これまた世界で人気となりました。1920年代の日本では、このピンボールゲームはコリントゲームと呼ばれていました。

駄菓子屋で人気となったこのピンボールゲームは、小さい子どもを惹きつけ、お菓子を買わせる助けとなり、パチパチという通称も生まれました。パチンコを完成させるための最後のピースは、イギリスの「The Circle of Pleasure(喜びの輪)」というゲームでした。

The Circle of Pleasureからフリッパーとポケットホールのアイデアが生まれました。そしてついに1929年、パチンコが日本に導入されたのです。

1930年代

注目の投稿画像 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 1930年代 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

1930年には、名古屋パチンコホールが子どもではなく大人向けのパチンコ店を開きました。これが、パチンコが日本人の心を掴んだ瞬間です。長時間立つのも厭わず、多くの人がパチンコ遊びに精を出しました。

通常、パチンコをする環境といえばマシンの音や人の声が響き、タバコの煙が店内中に充満するというものです。パチンコはもう、最初のユーザーだった子どもたちのものではなくなってしまったのです。

現在のパチンコ

注目の投稿画像 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 現在のパチンコ 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

時が経つにつれ、パチンコは人気を高めていき、日本全体で最も遊ばれているギャンブルゲームとなりました。他の国にも広がりを見せ、ラスベガスやその他カジノで有名な場所でも置かれるようになってきています。

また、コンピューターやスマートデバイス上にもそのフィールドを広げています。現在では、百以上ものパチンコゲームがダウンロードできます。驚くべきことに、日本は毎年2000億ドル以上もの金額をパチンコ業界に費やしているのです。

以前、日本にはパチンコ店しかありませんでしたが、もうそれは過去の話です。現在ではさまざまな娯楽施設があり、またパチンコもオンラインで遊べる時代です。以下の話も、パチンコにまつわる興味深い事実です。

朝鮮系日本人のオーナー

パチンコ業界の大御所は、ほとんどが朝鮮系日本人です。彼らは第二次世界大戦にひどい差別を受け、働く場を見つけることができませんでした。パチンコ店のオーナーの多くが北朝鮮を支援して送金をしています。

日本でカジノが盛り上がろうとしていますが、もし賭博用の施設ができたとしても、日本でのギャンブルの中心は常にパチンコだろうと言われています。

日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

日の出ずる国での賭博は、695年から記録が残っています。天武天皇が暇つぶしにすごろくで遊んだという記録が残っており、現在でもこれは親しまれているゲームです。

伝統的なすごろくゲームを、ギャンブルまたはただの遊びとしてやってみたい方に向けて、すごろくを使ったゲームを2つ紹介します。

丁半博打

注目の投稿画像 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ 丁半博打 - 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

このゲームは、六面の双六2個と椀を使って遊びます。すごろくを椀で覆い、揺らします。その後、プレイヤーは丁か半かを選びます。丁は偶数、半は奇数を意味します。

ディーラーがすごろくを見せ、合計点により勝者を決めます。合計点が偶数なら勝者は丁となり、奇数なら半となります。大変単純な遊びですね。

丁半は日本の高齢者世代やヤクザにとっての主な遊びです。すごろくゲームは大画面やビデオゲームでも遊ばれます。

すごろく(双六)

注目の投稿画像 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ すごろく(双六) - 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

すごろくは日本の古いボードゲームです。端的にいうと、バックギャモンに近い遊びで、唯一の違いは使用するボードの比率にあります。

すごろくは天武天皇のお気に入りの暇つぶしだったと考えられています。日本人を含めほとんどの人が、これはバックギャモンであるとみなしています。

この2つのゲームはどちらも日本の賭博史の一部を担っており、また未来でも受け継がれ続けるでしょう。日本の外では知られていないゲームですが、日本は世界に広めようとしています。

日本でのギャンブル:実態と歴史

日本は賭博に関して一風変わった歴史を持っています。日本では、賭博は合法で認められているにも関わらず、カジノは違法であると知っていましたか? 「日本のベストなカジノ」といったようなブログや旅行記事を見たことがありますか?

ごく最近の2018年、日本はラスベガス・サンズ社とMGMリゾーツ・インターナショナル社の国内でのカジノリゾート建設を認可しました。これは2016年に統合型リゾート施設整備推進法が成立したことを受けてのものです。

このニュースは国民を大いに驚かせました。この開発を認めた政府によれば、ギャンブルが日本の観光業界に大きく貢献すると見られています。

もっと深く掘り下げるために、日本の賭博業界の複雑性について見ていきましょう。

カジノは認可されたものの条件つき

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 カジノは認可されたものの条件つき 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

世界中のカジノ運営企業が長年日本への進出を狙っており、カジノ禁止法を廃止するよう働きかけました。2018年には、政府の認可のもとラスベガス・サンズ社とMGMリゾーツ・インターナショナル社が日本に進出する運びとなりました。ただし、これには条件がついています。

日本政府はこれらのカジノの国内での営業に関して基準を設けました。カジノリゾートはホテルやカンファレンスルームを併設していなければならないという決まりです。

ホテルは、最低10万平方メートルの客室家カンファレンスルームを備えていなければなりません。また、カジノは地方自治体と施設運営者から多額の投資を受ける必要があります。カジノは運営会社独自の規則ではなく、これらの基準に則り、日本の法律に従って運営されなければなりません。

ギャンブルの違法性

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 ギャンブルの違法性 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

刑法第2編第23章では、日本でほとんどの賭博を禁じる旨が定められています。しかし、競馬、モータースポーツ、パチンコ(ピンボール/スロットマシン)、宝くじなどの例外もあります。日本で賭博が禁止である主な理由には、歴史的、金銭歴、文化的な性質が組み合わさっています。

日本でお金を賭けての賭博は摘発の標的とされますが、企業や組織によってはお金を賭けないギャンブルなどの抜け穴を見つけています。多くの法があるにも関わらず、日本では主にヤクザなどの組織が未だにカジノを運営しています。

ヤクザは日本の暴力団で、国内のほとんどの違法行為に関わっています。彼らのカジノは政府の目をすり抜けるため裏の世界で運営されています。また日本での違法ギャンブルはオンラインでも行われており、秘密裏にお金を賭けて遊べるギャンブルアプリを開発している人たちもいるのです。

日本の賭博はすごろくを使うものが多い

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 日本の賭博はすごろくを使うものが多い 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

日本での最初期の賭博の記録は7世紀に遡ります。685年、天武天皇が暇つぶしにすごろく(双六)で遊んだという記録が残っています。すごろくはバックギャモンに似た遊びです。

日本の初期賭博のほとんどが丁半博打のようにすごろくを使うものです。こうしたゲームは現代でも遊ばれており、世代を超えて受け継がれてきました。日本の人々はこの伝統的な遊びを世界に広めようとしています。

日本では、賭博において2つの派閥に分かれます。一方は賭博をずっと禁止することで日本の文化と歴史を守りたいという人々です。つまり、合法のカジノは国内には作らないということです。もう一方は、賭博を観光業界に大きく貢献する経済成長の機会とみなしている人々です。