日本でのギャンブル:実態と歴史

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

日本は賭博に関して一風変わった歴史を持っています。日本では、賭博は合法で認められているにも関わらず、カジノは違法であると知っていましたか? 「日本のベストなカジノ」といったようなブログや旅行記事を見たことがありますか?

ごく最近の2018年、日本はラスベガス・サンズ社とMGMリゾーツ・インターナショナル社の国内でのカジノリゾート建設を認可しました。これは2016年に統合型リゾート施設整備推進法が成立したことを受けてのものです。

このニュースは国民を大いに驚かせました。この開発を認めた政府によれば、ギャンブルが日本の観光業界に大きく貢献すると見られています。

もっと深く掘り下げるために、日本の賭博業界の複雑性について見ていきましょう。

カジノは認可されたものの条件つき

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 カジノは認可されたものの条件つき 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

世界中のカジノ運営企業が長年日本への進出を狙っており、カジノ禁止法を廃止するよう働きかけました。2018年には、政府の認可のもとラスベガス・サンズ社とMGMリゾーツ・インターナショナル社が日本に進出する運びとなりました。ただし、これには条件がついています。

日本政府はこれらのカジノの国内での営業に関して基準を設けました。カジノリゾートはホテルやカンファレンスルームを併設していなければならないという決まりです。

ホテルは、最低10万平方メートルの客室家カンファレンスルームを備えていなければなりません。また、カジノは地方自治体と施設運営者から多額の投資を受ける必要があります。カジノは運営会社独自の規則ではなく、これらの基準に則り、日本の法律に従って運営されなければなりません。

ギャンブルの違法性

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 ギャンブルの違法性 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

刑法第2編第23章では、日本でほとんどの賭博を禁じる旨が定められています。しかし、競馬、モータースポーツ、パチンコ(ピンボール/スロットマシン)、宝くじなどの例外もあります。日本で賭博が禁止である主な理由には、歴史的、金銭歴、文化的な性質が組み合わさっています。

日本でお金を賭けての賭博は摘発の標的とされますが、企業や組織によってはお金を賭けないギャンブルなどの抜け穴を見つけています。多くの法があるにも関わらず、日本では主にヤクザなどの組織が未だにカジノを運営しています。

ヤクザは日本の暴力団で、国内のほとんどの違法行為に関わっています。彼らのカジノは政府の目をすり抜けるため裏の世界で運営されています。また日本での違法ギャンブルはオンラインでも行われており、秘密裏にお金を賭けて遊べるギャンブルアプリを開発している人たちもいるのです。

日本の賭博はすごろくを使うものが多い

注目の投稿画像 日本でのギャンブル:実態と歴史 日本の賭博はすごろくを使うものが多い 1024x512 - 日本でのギャンブル:実態と歴史

日本での最初期の賭博の記録は7世紀に遡ります。685年、天武天皇が暇つぶしにすごろく(双六)で遊んだという記録が残っています。すごろくはバックギャモンに似た遊びです。

日本の初期賭博のほとんどが丁半博打のようにすごろくを使うものです。こうしたゲームは現代でも遊ばれており、世代を超えて受け継がれてきました。日本の人々はこの伝統的な遊びを世界に広めようとしています。

日本では、賭博において2つの派閥に分かれます。一方は賭博をずっと禁止することで日本の文化と歴史を守りたいという人々です。つまり、合法のカジノは国内には作らないということです。もう一方は、賭博を観光業界に大きく貢献する経済成長の機会とみなしている人々です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です