日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

日本でのギャンブルについて話す際、パチンコを忘れてはいけません。このゲームはピンボールとスロットが組み合わさったもので、以下のように遊びます。お金をマシンに入れると、小さな玉をもらいます。そしてこの玉を迷路のようなボードに向けて打つのです。

玉が転がって穴に落ちると、スピンを誘発するか、さらなる玉がもらえます。

スピンを誘発すると、スロット機能が稼働し始めます。当たりの組み合わせを出すと、パチンコ玉かクレジットがもらえます。とてもシンプルですね。

パチンコは刑法における例外で、基本的にはギャンブルではないと考えられています。ギャンブルを規制する厳しい法律があり、カジノがないにも関わらず、日本のギャンブル業界は大変巨大で、ほとんどのお金がパチンコに流れます。

ここで、パチンコの起源を掘り下げ、より詳しく見ていきましょう。

1920年代

日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 1920年代 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

パチンコのルーツは1920年代まで遡ることができます。最初はシカゴのゲームデベロッパーにより小さい子供向けにコリントゲームとして開発されました。これはちょうど、18世紀フランスで流行したバガテルという古いゲームの子どもバージョンのようなものでした。

コリントゲームはピンボールを生み出し、これまた世界で人気となりました。1920年代の日本では、このピンボールゲームはコリントゲームと呼ばれていました。

駄菓子屋で人気となったこのピンボールゲームは、小さい子どもを惹きつけ、お菓子を買わせる助けとなり、パチパチという通称も生まれました。パチンコを完成させるための最後のピースは、イギリスの「The Circle of Pleasure(喜びの輪)」というゲームでした。

The Circle of Pleasureからフリッパーとポケットホールのアイデアが生まれました。そしてついに1929年、パチンコが日本に導入されたのです。

1930年代

日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 1930年代 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

1930年には、名古屋パチンコホールが子どもではなく大人向けのパチンコ店を開きました。これが、パチンコが日本人の心を掴んだ瞬間です。長時間立つのも厭わず、多くの人がパチンコ遊びに精を出しました。

通常、パチンコをする環境といえばマシンの音や人の声が響き、タバコの煙が店内中に充満するというものです。パチンコはもう、最初のユーザーだった子どもたちのものではなくなってしまったのです。

現在のパチンコ

日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ 現在のパチンコ 1024x512 - 日本で最も人気のギャンブル機の歴史:パチンコ

時が経つにつれ、パチンコは人気を高めていき、日本全体で最も遊ばれているギャンブルゲームとなりました。他の国にも広がりを見せ、ラスベガスやその他カジノで有名な場所でも置かれるようになってきています。

また、コンピューターやスマートデバイス上にもそのフィールドを広げています。現在では、百以上ものパチンコゲームがダウンロードできます。驚くべきことに、日本は毎年2000億ドル以上もの金額をパチンコ業界に費やしているのです。

以前、日本にはパチンコ店しかありませんでしたが、もうそれは過去の話です。現在ではさまざまな娯楽施設があり、またパチンコもオンラインで遊べる時代です。以下の話も、パチンコにまつわる興味深い事実です。

朝鮮系日本人のオーナー

パチンコ業界の大御所は、ほとんどが朝鮮系日本人です。彼らは第二次世界大戦にひどい差別を受け、働く場を見つけることができませんでした。パチンコ店のオーナーの多くが北朝鮮を支援して送金をしています。

日本でカジノが盛り上がろうとしていますが、もし賭博用の施設ができたとしても、日本でのギャンブルの中心は常にパチンコだろうと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です