日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

注目の投稿画像 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ - 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

日の出ずる国での賭博は、695年から記録が残っています。天武天皇が暇つぶしにすごろくで遊んだという記録が残っており、現在でもこれは親しまれているゲームです。

伝統的なすごろくゲームを、ギャンブルまたはただの遊びとしてやってみたい方に向けて、すごろくを使ったゲームを2つ紹介します。

丁半博打

注目の投稿画像 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ 丁半博打 - 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

このゲームは、六面の双六2個と椀を使って遊びます。すごろくを椀で覆い、揺らします。その後、プレイヤーは丁か半かを選びます。丁は偶数、半は奇数を意味します。

ディーラーがすごろくを見せ、合計点により勝者を決めます。合計点が偶数なら勝者は丁となり、奇数なら半となります。大変単純な遊びですね。

丁半は日本の高齢者世代やヤクザにとっての主な遊びです。すごろくゲームは大画面やビデオゲームでも遊ばれます。

すごろく(双六)

注目の投稿画像 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ すごろく(双六) - 日本の伝統的なすごろくゲーム2つ

すごろくは日本の古いボードゲームです。端的にいうと、バックギャモンに近い遊びで、唯一の違いは使用するボードの比率にあります。

すごろくは天武天皇のお気に入りの暇つぶしだったと考えられています。日本人を含めほとんどの人が、これはバックギャモンであるとみなしています。

この2つのゲームはどちらも日本の賭博史の一部を担っており、また未来でも受け継がれ続けるでしょう。日本の外では知られていないゲームですが、日本は世界に広めようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です